美容外科で行えるレーザー脱毛の仕組み

###Site Name###

脱毛とは通常、美容外科で行います。

美容外科には専門のスタッフが居て、脱毛の施術を行います。
レーザー脱毛の仕組みは、黒や茶色の組織のみに熱が集まるように調節されたレーザー光を照射します。

そうすると、毛根細胞や周辺組織には色が付いているため、その細胞部分だけに集中して組織を破壊することが出来ます。


発毛の働きを永久に無効化させるには、たった1回だけのレーザー光の照射では足りず、何度も照射することによってしか永久脱毛をすることはできません。



レーザー脱毛は、処理を施すタイミングが重要で、毛周期のうち、ちょうど成長段階に当る時期に毛根細胞を破壊した時のみ、発毛の働きを減退させていくことが出来ます。毛周期とは部位によって差がありますが、大体1ヶ月から2ヶ月ですので、その周期ごとに1回ずつ処理を行うことになります。



また、レーザー脱毛では、日焼けをしてしまうと茶色くなった肌にレーザー光が反応してしまうため、日焼けをした部分に照射することは不適切です。
日焼けしていた場合は、別の脱毛方法を選択するか、皮が剥けて日焼けが治まるのを待たなければいけません。


レーザー脱毛の費用面では、広く普及している脱毛方法のため、医療器具の調達が容易で、脱毛コースは比較的低料金になります。

施術の際の痛みは、一瞬バチッとするだけで短いため、痛みが長く続くことはありませんので痛みが苦手な方も心配はいりません広く普及した脱毛方法ですので、美容外科には取り扱いになれているスタッフが常駐していますので、医療器具の取り扱いについても慣れています。

レーザー脱毛は多くの実績があり、安心して行える脱毛方法になります。